メイドのコスプレにも豊富な種類があります

『メイド服のコスプレ』と申しますと、昨今のアニメブームの影響が著しいこともあるのか、やはりピンクや水色にフリフリレースをあしらったものなどのかわいらしいイメージがあると思います。
確かに日本ではそのイメージが強いのも頷けますが、本来のメイドさんの役割というのは、たとえば豪邸などで住込みで働くお手伝いさんのことです(海外の文学等に触れる機会があれば、その本来の役割を遂行するメイドさんの姿を見ることもあるかと思います)。

また、若い女性のイメージもあるかもしれませんが、実際には高齢のメイドさんもいらっしゃいますし、メイド服にもキュートなものばかりでなく、クラシカルで清楚な印象のものも存在します。
しかし、先ほど申しましたように、日本ではいわゆる『お手伝いさん』という概念に馴染みが薄いです。
そのため、メイド服には実用性のみならず、ファッションとしての価値を求める動きがあるのもまた特徴だと言えます。

昨今のメイド服には、古来からの『お手伝いさんの服』という意味と、最近の『かわいらしい服』という意味で、二つの役割があるんですね。
コスプレになると、前者のイメージがより強くなるかもしれません。
しかし、コスプレ界にも後者のような、クラシカルなメイド服もあるのです。
メイド服と一口に言っても、キュートなものがありセクシーなものがあり、色のバリエーションも非常に豊かですから、実はとても奥の深い楽しみ方ができる服なんですね。

お手伝いさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加